• ホーム
  • 花粉症になったらコンタクトレンズよりメガネが良い?

花粉症になったらコンタクトレンズよりメガネが良い?

調子はよくない女性

花粉症の時期は、目にかゆみや充血して大変つらいです。
普段、コンタクトレンズを使用中に、ゴミなどが目に入ると涙が出るのに、この時期その作用が低下し、花粉が目の中に停滞してしまう傾向が多くなります。
さらにコンタクトレンズにタンパク質や脂質が付着して、汚れがひどくなりアレルギー性結膜炎を起こしてしまいます。
また、目やになどの分泌物も増え、目のトラブルの原因になります。
これでは目に負担がかかり良いとは言えません。
普段よりも目に違和感や乾燥感が感じやすい状態になっているからです。

そこで、花粉の飛散の多い時期はメガネに切り替える方がよいです。
花粉から目を守り、点眼薬も使用しやすいからです。
ソフトコンタクトレンズを付けたまま点眼薬を使用すると、薬に含まれる防腐剤がレンズが吸着してしまうので目のトラブルは増えてしまいます。
防腐剤の入っていない点眼薬はレンズが変形したり、白く濁ることが稀にあります。

基本的には点眼薬はコンタクトレンズを外した状態で使用するのが花粉症対策として一番効果的です。
点眼後、ある程度の時間をおいてから、コンタクトレンズを使用しましょう。
外出先から戻れば、すぐにコンタクトレンズを外して点眼薬を使用しましょう。
点眼薬をしたら1分ほど目を閉じたままでいます。
薬が外に逃げてしまうにでできるだけまばたきは避けましょう。

またこの時期は1日使い捨てタイプのコンタクトレンズを使用した方が良いです。
汚れたレンズを毎日交換して清潔さを保つことができれば目の負担も最小限にできます。
ただ、1日使い捨てタイプのコンタクトレンズは目が乾きやすいドライアイの人にはあまり向かないので注意しましょう。
いろいろ考えてよりよい方法で過ごしましょう。

関連記事